2005年06月19日

営業ツール

昨日は、私が導入しようと思っている営業ツールと営業手法に関して話しを聞いてきました。

確実に成果の出るシステムで、大幅な時間の短縮が可能になるみたいです。

営業ツールは合計300万円しますが、これを導入しないと経営支援を受けられないみたいだし、選択の余地はなさそうです。

これを導入することで、1億円分の仲介が増えれば元がとれる計算になりますが、たぶんすぐに元は取れるのではないかと思います。

結局ある程度の初期投資が必要になるので、借り入れを受ける方向で進めようと思います。
posted by ej at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

アパートローン

今日は、不動産投資の相談を受けてきました。実際にアパートローンの融資を受ける場合の銀行の融資の計算方法などを聞いてきました。

以前であれば、不動産の担保力と購入者の収入をもとに、融資額が決まっていたと思いますが、最近は変わってきているようです。

最近は、不動産の担保力と不動産の収益力が主な検討要素であり、購入者の収入は絶対必要な条件ではなくなってきているようです。

なので、私の場合でも物件次第では融資を受けられる可能性があるようです。

で、物件を探してみましたが、頭金が少ないと、条件をクリアするものが限られるので、物件がでるまで根気良く待つ必要がありそうです。
posted by ej at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

アパート経営

先日、不動産投資のセミナーに出席して以来、先に投資用アパートを取得したいと思うようになって、ネットで物件を探していたところ、結構良さそうな物件を見つけてしまいました。

丁度、今週末に相談のアポをお願いしていたので、物件の評価をお願いして、問題なさそうであれば、申込みを入れたいと思います。合計3棟位所有できれば、かなり安定してくると思いますので、当面はそれを目指そうと思います。

ただ、現在定収入がないので、融資を受けるのが非常に難しいことが予測されますが、気合いと信念で頑張ろうと思います。
posted by ej at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

不動産投資セミナー

今日は、不動産コンサルタントの倉橋隆行講師による不動産投資のセミナー
に参加してきました。(*リンクは彼のお勧めセミナーです)

首都圏の不動産は、結構加熱してきていますが、まだチャンスであるということでした。

不動産投資をしたい人は、まず、彼のセミナーに参加して、不動産投資の基礎を理解するのが良いと思います。そして購入したい時は、やはり彼に見てもらうのが良いと思います。実力があり信頼できる人なので、間違いないと思います。
posted by ej at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

不動産営業の極意

今日は、宅地建物取引業協会主催の、「成功する不動産営業の極意」と題するセミナーに参加してきました。

上場を目標として、開業から上場までの道筋と、周辺業務から期待できる収入源など、参考になることも少なくなかったです。

不動産業にも色々な取り組み方があり、私の計画はまだ出来ていませんでしたが、アイディアがまとまってきそうです。

あと、何となく将来は上場させたいと思っていましたが、なんか出来そうな気がしてきました。

無料のセミナーでしたが、良い収穫がありました。

posted by ej at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

不動産業の協会

今日は、融資の相談で、国民生活金融公庫に行ってきました。

以前、銀行で投資用不動産への融資はしないということで諦めていたのですが、少し工夫を凝らした賃貸業を考えたので、融資の打診にいったということです。

結論は、普通の賃貸業であれば融資の対象になるということでした。初めから国民生活金融公庫に来ていればよかったということでした。

その後、不動産業開業に関して、以前行った協会とは別の協会に行き、入会の説明を聞いてきました。供託金と入会金などで、190万円かかるとのことでした。サービスももう一方の協会より良いようです。

結構な額ですが、不動産業を開業するには、協会に加入するのが一番安い方法なのです。
posted by ej at 23:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

新築投資用不動産

昨日、投資用不動産ディベロッパーによる、新築投資用不動産の案内を聞くはめになってしまいましたが、聞くにつれ不信感が増えていくような感じでした。

プレゼンテーションは、様々な変動要因について、上手くいった場合のみを説明しており、上手くいかない場合については全くといっていいほど説明がありませんでした。

その他、考えられる様々なリスクについても殆ど話さないし、リスクについて質問をしてもウヤムヤな説明しかしないといった感じでした。

こんな売り方をすることは、私の価値観からは信じられないことですが、その他の会社も大体同じような売り方をしているみたいです。

新築の投資用不動産については、要注意かと思います。
posted by ej at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

不動産業

今日も福岡にいます。不動産業開業にあたっての情報収集をしています。

裁判所に行って競売情報の入手方法の確認や、国民生活金融公庫に行って融資の手続きの確認や、宅地建物業協会へ行って入会や支援の確認をしました。

ちょっと本屋にも行って、開業に関する本をちょっと読みましたが、資格があれば実務経験がなくても開業は難しくないような事が書いてあり、少々安心しました。

弁護士の人脈の作り方の情報も昨日教えてもらい、体勢は整ってきている感じです。

来月末頃に資格者証を入手したら、そのまますぐ、開業の申請に入れるかもしれません。
posted by ej at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

融資

今日は、法人の類似商号の調査、融資の相談、賃貸住宅のチェックをしてきました。

私の場合現在収入がないので、しばらくの間は個人として不動産投資のための融資を受ける事は期待できないと思っています。

そこで、折りに触れ、法人が融資を受ける方法はないかと考えていました。

そんな中、以前紹介した金森さんの不動産投資セミナーDVDに、新設法人が投資用不動産購入のための融資を受けられた例が紹介されていたのを見て、これは可能性があるかと思っていました。

具体的には、不動産の管理会社を設立して、その会社が不動産を購入および管理する場合は、物件次第では新設法人でも融資をする都市銀行があるというものでした。

そこで、福岡でも同様の融資を行っているか聞きに行ったわけです。しかし、その類の融資はないということで、通常2年間黒字であれば融資の可能性があると言われました。

投資用不動産の購入は、もう少し先になりそうです。

posted by ej at 23:55| Comment(1) | TrackBack(1) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

不動産投資セミナー

とうとう見ました。すごい内容でした。

さすが、実力者だけあって、中身が違います。

見たのはこれです。金森重樹さんの「10年間で3億円の資産を作る不動産投資セミナー」です。

私は、このセミナーDVDを見る前は、安い中古マンションの区分所有を投資対象にするつもりでしたが、今は一棟所有しか頭にありません。

一棟所有は怖いイメージがあったのですが、そんな考えは吹っ飛んでしまいました。今は、「一棟所有は素晴らしい!」です。

セミナーの内容も豊富でした。

具体的には、不動産バブルの対応法、買い時と売り時の判断法、住宅ローンの考え方、借金の考え方、家賃収入以外の収入、銀行ローンの内部資料、フルローンとオーバーローンの取り方、利回りと築年数の考え方、人の裏を行く考え方、区分所有と一棟所有の違い、建物と土地の割合について、家賃実績の注意点、狙い目の金融機関、新しい企業の借入れ法、マーケティング、人間の心理などなどです。

他では聞けない内容も豊富でした。

また、これを見ないで投資の実践をするのは、ちょっと危険じゃない? と思わせるものでした。

私はこれを見て以来、早く不動産投資をしたくて、ワクワクしています。

不動産投資を考えている人は、皆さん必見だと思います。勉強に対する少しの投資が、今後大いに生きてくるはずです。迷わず購入をお勧めします。

■金森重樹・サラリーマンでもできる10年で3億作る不動産投資DVD■



posted by ej at 10:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

早くて安くて強い家

なぜ、日本の家は長くもたないのだろうと思っていましたが、日本の家の平均耐用年数が30年であるのに対して、欧米のそれは長く、イギリス141年、アメリカ96年、フランス86年、ドイツ79年だそうです。

日本の家が長くもたない理由は、日本の気候によるものや、木材の質が気候に合っていないという理由の他、工法によるものもあるとのことです。

昔の家は、日本の気候風土に合わせて建てられていたが、近年の家は、人間の快適さを優先しており、家が早く傷む建築方法になっているということです。

最近、不動産の勉強をしていますが、今日読んだこの本「みんなが欲しかった早くて安くて強い家」には、とても感激しました。アマゾンのカスタマーレビューでも絶賛されているようです。

著者は、工務店であるロングホーム社の社長ですが、この会社が開発した、鉄筋コンクリートのRC-Z工法で建てられた家は、本のタイトル通り、木造より「早く安く強い」ということで、それ以外にも様々な利点が書かれていました。

私は将来、このRC-Z工法で家を建てる事にしました。皆さんのなかで、将来自宅を建てたい人は必見だと思います。

posted by ej at 21:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。